留学の目的を明確に

一昔前、留学するのはとても大変でした。それは外国滞在期間中はもちろんですが、準備期間も費用を貯めたりビザのための手続きをしたりと多大な努力を有したものです。それが現在では比較的簡単になりました。費用も昔ほどでなくなりましたし、手続きも比較的簡単になりました。けれどその分「志をもって」という方も少なくなったと思います。

 

昔ほどでなくなったとはいえ、留学の費用は数十万円から数百万円かかることもあります。また期間も1が月から数年に渡る場合もあります。それだけの手間を時間をかけて行く目的がただ「外国語がしゃべれるようになる」ということだけだったら、もったいないと思いませんか?

 

確かに留学の目的の大きなものの一つは語学を習得することだと思います。けれどそれだけが目的だったらその費用を使えば日本国内だって習得することができるようになるものです。

 

留学するにからには習得した語学を使って、その国の文化を肌で感じで、そして何をしたいのか。その目的をはっきりもって行くかどうかで語学の習得のスピードも違うし、異文化の感じ方も違うと思います。フランスのファッションを勉強したいのか。アメリカの経済を勉強したいのか。場合によっては「語学」を習得して、世界を駆け巡り、ボランティアや自分の会社を立ち上げる。そんなことでもいいと思うのです。

 

志、というほどしっかりしたものでなくてもいいと思います。けれど「外国語」はあくまでも道具にしかすぎません。その道具をつかってどうしたいのか。
これから留学をする方はぜひそこまで考えて行って欲しいと思います。

 

ホームシックは克服できる

海外留学する上で必ずと言っていいほどホームシックにかかる人がいらっしゃいます。ホームシックとは家族や地元が恋しくなって留学中であるのにも関わらず、帰りたくなってしまう気持ちの事を指します。

 

その克服方法として、国際電話をして家族と会話する事がとても大切です。メールでのやり取りでは寂しい気持ちを埋めることは出来ずによりホームシックになってしまう事があります。ですが国際ン電話で直接家族の声を聞く事により、寂しい気持ちが緩和されホームシックを克服することが出来ます。

 

家族が忙しくて電話が出来ないような状況にある場合は現地にいる日本の方と会話をすることも一つの手です。現地の日本の方でも昔はホームシックになった事があるという方が多くいらっしゃいます。現地のお店で働いている日本の方などに話を聞くだけでも解消される事が多々あります。

 

現地の日本の方はとても親切に接していただけるのでまるで家族のような感じで会話をして頂く事が出来ます。また解消方法などのアドバイスももらう事が出来て、一人で悩むよりも早く悪い状態を解消する事が出来ます。

 

他にも海外に存在している世界遺産の建物などに行くことも解消法としてあります。世界遺産などの海外の建物を見る事により新鮮さを感じる事が出来て、症状を忘れてしまう事も出来ます。他には海外の方との会話するという方法もあります。海外では同じ国のように接してくれる友好的な国もありますので、そのような方と会話をして忘れてしまう事も一つの方法です。

 

子ども専用オンライン英会話、スカイプ英会話、ネット英会話はキッズスター★イングリッシュ!無料体験レッスンも実施中!


このページの先頭へ戻る